京都大学 大学院 理学研究科 地球惑星科学専攻、理学部 地球惑星科学系

MENUMENU

修士論文賞

地球惑星科学専攻では、平成22年度より、優秀な修士論文を顕彰することを目的として、当専攻(分野)の教員が修士論文と発表会の内容を総合的に評価し、地球惑星科学専攻修士論文賞を授与しています。 これまでの受賞者と論文表題は以下の通りです。

令和2年度受賞者

地球物理学教室

  • 岡田 悠太郎:GNSSデータを用いた短期的スロースリップイベントの検出手法の開発と南海沈み込み帯への適用
  • 西野 圭佑:海洋表層混合層乱流が粒子の凝集・分裂を通して物質輸送に及ぼす影響に関する数値実験
  • 桃木 尚哉:新しい木星磁気圏磁場及びカレントシートモデルの構築とそれらの長期変動に関する研究

地質鉱物学教室

  • 石井 さよ:海底扇状地の塊状砂岩の形成過程―深層学習画像測定による粒子配列解析に基づく検討―
  • 牛丸 健太郎:地質構造と古応力解析から明らかになった天草地域の始新世~中新世テクトニクス
  • 尾上 裕子 :高速滑り速度下での石英質岩の摩擦挙動に及ぼす湿度の影響

写真:左から岡田悠太郎/西村卓也(准教授)

写真:左から西野圭佑/吉川裕(准教授)

写真:左から桃木尚哉/藤浩明(准教授)


写真:左から石井さよ/成瀬元(准教授)


写真:左から牛丸健太郎/山路敦(教授)


写真:左から尾上裕子/堤昭人(准教授)

岡田 悠太郎さんのコメント

この度は修士論文賞をいただき,大変嬉しく思います.私の研究がこのような評価をいただけたのは,第一に指導教官である西村卓也先生の温かいご指導のおかげです.また日頃のセミナーや学会において,私の研究についてご意見をくださった先生方や学生の皆様のおかげでもあります.厚く御礼申し上げます.修士課程の2年間は思ったような結果が出なかった時期でさえも,ひたすらに研究活動を楽しんだ期間でした.このような素晴らしい時間を過ごせたのは,ほぼ毎日のように研究に関する議論にお付き合いいただいた西村先生や研究室の先輩方のおかげです.この経験が私の研究を何段階も向上させたと思っています.また西村先生には山陰や三宅島への観測に連れて行っていただきました.GNSSデータが観測される現場に実際に行くことで,自分が使用するデータに対する理解を深めることができました.最後になりますが,私がのびのびと研究することができたのは,所属している防災研究所地震予知センターの皆様,学部時代を過ごした高知大学理学部災害科学コースの皆様,地元岡山の友人達や両親のおかげです.重ねて感謝申し上げます.    

西野 圭佑さんのコメント

この度は伝統と名誉ある修士論文賞をいただき,誠にありがとうございます。本成果は,指導教員として熱心にご教授くださった吉川裕准教授,およびゼミで沢山のコメントをくださった秋友和典教授,根田昌典助教のご指導の賜物です。特に吉川先生には4回生時より,海洋物理や数値モデルの理論を基礎からご教授いただきました。改めて深く感謝を申し上げます。私の研究テーマ「海洋表層の粒子動態」は,4回生時に吉川先生からご提案いただいたものでした。当時の私は数値モデルに興味があり,学際分野ゆえ先行研究の充実していない「自由さ」に惹かれ,本テーマを選択しました。しかし以降の3年間では,その自由こそが敵でした。暗黙の道筋がなく白紙の土台だからこそ,その中で自分が「何を考え,意図して,どのように進めるのか」が強調される。それを理解し受容されるためには,得た結果をシンプルな説明へと昇華させなければならない。この研究者にとっては当たり前のことを3年間で体感・実感し,私は“研究の本質”に一歩近づけたような気がします。やっぱり研究の「自由さ」が好きな私は,春からは企業の研究者として再出発します。この3年間での学びは研究者生涯の糧として,心に深く刻み付けておく所存です。    

桃木 尚哉さんのコメント

この度はこのような賞をいただき,ありがとうございます。最後まで妥協せずに研究,論文執筆をした結果がこのような形になり,非常に嬉しいです。修士では学部で行った研究を継続することになりましたが,研究室以外での問題もあり,修士1回では研究活動その他を思った様に行うことができず,特に同期や先生方にご迷惑をおかけしてしまいました。また修士2回ではコロナウィルスの影響でそもそも研究室に出向くことが難しく,自宅で孤独に研究をすることとなり,挫けそうになることもしばしばありました。そのような苦しい状況で私を励まして下さったのが,指導教官の藤先生でした。研究生活に本格的に復帰した際にも以前と変わらず接して下さり,また研究のみならず心身の状態まで気にかけていただき,藤先生には感謝しきれません。また,田口先生をはじめとした研究室の方々や家族にも,研究を遂行する上での助言や支援を多くいただきました。重ねて感謝申し上げます。この経験を糧として,これからも精進してまいります。    

石井 さよさんのコメント

この度は、修士論文賞という大変光栄な賞をいただきありがとうございます。指導教員の成瀬元准教授をはじめとする、学内外のたくさんの方々のご指導・ご支援があり、本研究をここまで進めることができました。また東京学芸大学の西田尚央准教授には、私が堆積学に興味をもつきっかけを作っていただきました。お力添えをいただいたみなさまには、深く感謝申し上げます。私は修士1年目で他の大学からうつり、研究内容についてはゼロからのスタートでした。分からないことばかりでしたが、無事ここまで研究を遂行することができ、安堵しています。今後、自分の研究がさらに発展し、何らかの形で社会に貢献できたら嬉しく思います。    

牛丸 健太郎さんのコメント 

この度は修士論文賞をいただき,大変光栄に思います.私がこのような賞を受賞できたのも,ひとえに指導教官である山路敦先生の熱心なご指導を始め,学内外の様々な先生の方々,研究室の先輩方のご指導のおかげです.中でも山路先生には,野外でまさに露頭に迷う私に,一から調査の仕方や考え方を教えていただきました.また,先生方に限らず,野外調査の際には博物館の方々,地域の方々,両親のご支援していただきました.お世話になりました皆様に心より感謝申し上げます.私の修士研究は熊本県天草の地質を野外調査で検討したものです.野外での調査は体力的にもしんどく,またなかなか成果も得られず悩んだ時期もありました.しかし,地道な調査を重ねた結果,幸運にも既存研究を覆す発見ができました.やはり思わぬ発見がある事が,野外調査の面白みだと思います.今後は博士課程に進学しますが,感謝の気持ちを忘れる事なく,研究を続けていきたいと思います.

尾上 裕子さんのコメント

この度は、修士論文賞を頂戴し光栄に思います。私は断層すべり時の純粋石英の摩擦特性について研究してきました。室内実験を繰り返し行う中で、大局的な研究意義を見失うこともありましたが、学会やゼミなどで様々な研究者の方々と意見交換を重ね、地質現象への多様なアプローチのひとつとして実験的研究を行っていることを実感しました。学部4回生から継続して研究を続けてきましたが、学生生活の集大成として無事に修士論文を書き上げることが出来ました。皆様に支えられ、非常に楽しく有意義な日々となりました。本賞の受賞は、丁寧にご指導くださった堤昭人准教授をはじめ、多くのご意見をくださった学内外の先生方や学生の方々、遠方より支援してくれた家族のおかげです。心より感謝申し上げます。    

過去の受賞者

過去の受賞者の情報は こちら をクリックすると閲覧できます。

PAGE TOP