京都大学 大学院 理学研究科 地球惑星科学専攻、理学部 地球惑星科学系

MENUMENU

修士論文賞

地球惑星科学専攻では、平成22年度より、優秀な修士論文を顕彰することを目的として、当専攻(分野)の教員が修士論文と発表会の内容を総合的に評価し、地球惑星科学専攻修士論文賞を授与しています。 これまでの受賞者と論文表題は以下の通りです。

平成28年度受賞者

地球物理学教室

  • 藤原 泰:水面波の直接数値計算を用いたLangmuir循環の力学に関する研究
  • 伊東 優治:GNSSデータを用いた2003年十勝沖地震の余効変動のモデル化

写真:左から、吉川裕(准教授)/藤原泰/伊東優治/西村卓也(准教授)

地質学鉱物学教室

  • 門川 隆進:Three-dimensional shape distribution of small fragments by high-velocity impact experiments for simulation of regolith particle formation: Comparison with Hayabusa and Lunar sample particles
  • 高塚 紘太:Plutono-metamorphic evolution of the Ryoke belt in the Mikawa area deduced from U-Pb zircon dating
  • 東 佳徳:Hydrogen diffusion experiment of fluorapatite under water vapor conditions
  • 門田 康弘:Metamorphic process of the Tromso Nappe in the Scandinavian Caledonides based on P-T-t history of felsic gneiss

写真:左から、東佳徳/高塚紘太/門田康弘/土`山明(教授)/門川隆進

藤原泰さんのコメント

このたびは、修士論文賞をいただき大変嬉しく思います。指導教員の吉川裕先生をはじめ、共同研究者である松村義正博士、論文および発表を審査いただいた先生方、また2年間の研究でご助力・ご助言を下さった多くの方々に深く感謝を申し上げます。研究のいちばんの魅力は、困難な問題に対し独創的に挑戦できることだと感じています。初めは先行研究一つ一つの主張を追うので精一杯で、自分の数値実験結果でも目の前にあるデータが何を示しているのか、そもそも物理的な意味をもつのか数値的誤差なのかすらも見えずに落ち込むこともありました。しかし、論文や教科書を読み重ねたり、自分の手で様々な理論計算・実験・解析を試みたりする中で、自分なりの理論・現象に対する理解や実験結果に対する感覚が身についてきました。それらをたよりに複雑なデータの山から意味のある情報を引き出せた時の喜びは、研究に従事するものの特権だと思います。そのような喜びをまた味わうためにも、今後とも努力していく所存です。

伊東優治さんのコメント

修士論文賞をいただき、大変嬉しく思います。このような評価をいただける研究ができたのは、第一に指導教員の西村卓也先生の日々の丁寧な指導のおかげです。また、私の研究を聴き、意見をくださった先生方や先輩、後輩のおかげでもあります。皆さまに厚く御礼申し上げます。私が研究を進めることができたのは、多くの先行研究に目を通すことと、ただ考えるだけでなく実際に作業しながら考えることを心がけたためです。研究を始めた当初は大まかなテーマは決まっていたものの、(今以上に)自らの研究の目標や位置付けがわかりませんでした。しかし、多くの論文を読み実際に自らの研究に適用することで、徐々に自らの研究の方向性が見えてきました。また、考えた案をとにかく試して見ることで失敗しながらも研究を少しずつ先へと進めることができました。自分で手を動かした経験は論文を読む時にも役立つ一方、論文から仕入れた方法で研究が進んだこともあり、どちらか一方が欠けると上手くいかなかっただろうと思います。

門川隆進さんのコメント

修士論文賞をいただき、大変嬉しく思います。まず、このような評価をいただけるまでの研究が行えたのも、指導教員の土`山明先生や共同研究者の道上達広准教授の丁寧な指導、また本研究を行うにあたって意見を下さった多くの方々のおかげです。皆様に心から感謝申し上げます。この2年、多くの方々と関わる機会や議論を交わす場を得ることができました。その中で研究者や学生一人一人の研究に対する気持ちや考え方といった「こころ」を感じることができ、見聞を広めることができたと思っています。自分にとって贅沢とも思えるこの充実した2年間で経験したことを今後の糧にして、これからも精進していきたいと思います。

高塚紘太さんのコメント

修士論文賞を頂き、大変嬉しく思っております。本賞の受賞は指導教員である河上哲生准教授をはじめ、共同研究者であるEtienne Skrzypek博士やご指導・ご協力頂いた学内外の先生方、学生の皆様のおかげです。お世話になりました皆様に厚く御礼申し上げます。私の研究は三河地域の領家帯に記録された複数段階の情報を、岩石学・年代学・地球化学の手法を用いて分離し、島弧地殻における火成・変成作用の発達過程を解明するというものでした。私が研究を進めていく上で大事にしていたことは、積極的にコミュニケーションをとるということです。日常のディスカッションはもちろん、学会での情報交換、研究室でのコーヒータイムの雑談…。挙げればきりがありませんが、どれも研究を進めていく上で欠かせないものでした。皆様とのコミュニケーションのおかげで、研究生活が楽しく有意義なものとなり、本賞の受賞に繋がったと確信しております。

東佳徳さんのコメント

修士論文賞を賜り大変光栄に思います。指導教員である伊藤正一 准教授をはじめとして、修士課程でお世話になった全ての方へ感謝の意を捧げます。私は学部時代から大きく専門を変えて、地球惑星科学専攻の大学院に進学しました。そのため基礎知識では周囲より劣っていたと思いますが、その反面、泥臭く時間をかけて学ぶことに関しては周りの誰よりも努力できたと確信しています。後輩たちには、がむしゃらに頑張る姿勢だけでも汲み取って頂けたら幸いです。これから博士課程へ進学しますが、修士課程での経験を生かして、おもしろい研究を展開していけたらと思います。先生方には、さらなるご指導ご鞭撻のほどをよろしくお願い致します。博士課程での研究に全力で取り組むことを約束して、受賞のコメントとさせていただきます。

門田康弘さんのコメント

指導教員である平島先生をはじめ、河上先生や同研究室の先輩同輩後輩たちのサポートの下で完成した私の修士論文が賞をいただけたことを誇りに思います。研究地域が海外であるため海外の研究者ともコミュニケーションを取ることができたり、他大学での分析や学会等で多くの方々と議論を行うことができたりと、非常に有意義な2年間を過ごすことができました。もちろん研究が上手くいかずに挫けそうになったこともありましたが、私の周囲の方々(特に同輩の2人)が研究に打ち込んでいる姿を見て、何度も鼓舞されました。研究の面だけでなく人間としてもより成長できたと感じています。私の研究に関わってくださった皆さまに厚くお礼申し上げます。今後は、私も周囲に良い影響を与えつつ、より精進していこうと思います。

過去の受賞者

過去の受賞者の情報は こちら をクリックすると閲覧できます。

PAGE TOP