京都大学 大学院 理学研究科 地球惑星科学専攻、理学部 地球惑星科学系

MENUMENU

大学院教育・入試

大学院受験をめざす諸君へ

 近年、地球惑星科学はめざましく進展しています。46億年にわたる地球の歴史と進化のプロセス、地球温暖化と環境変動、地殻変動と災害科学、惑星観測・探査など、ミクロからマクロまで時空の長大なダイナミックレンジで探求すべき現象は多岐にわたります。地球内外の複雑な諸現象を適確に理解するとともに、新しい研究分野を開拓し創造的に発展させるためには、個々の専門的な技能を修得した上で、幅広い知識と異分野との交流を持つことが大切です。このような観点から、地球惑星科学専攻ではそれぞれの学問分野独自の研究と手法を発展させるとともに、分野横断的な学際研究・教育に力を入れています。2008年には地球科学輻合部を発足させ、組織間の研究・教育連携の一層の強化を図っています。

 地球惑星科学専攻は、二つの分野からなります。

 地球物理学分野では、地球中心核からマントル、地殻を含む固体地球のみならず、海洋・大気圏、さらには惑星間空間までを含む広範な領域を研究対象としています。地上観測データおよび人工衛星データなどの解析的研究や理論的、数値実験的研究、シミュレーションなどの手法を組み合わせて、時々刻々変化する地球圏ダイナミクスの解明と、その変動予測を目的とした研究を精力的に進めています。

 地質学鉱物学分野では、地球を構成する地層や岩石、鉱物、化石といった具体的な対象物を、フィールドワークと室内実験で観察、分析することで過去の情報を読み取り、地球の発達史を解明することに重点をおいています。教育カリキュラムも、それぞれの専門分野の高度な調査・解析手法を系統的に習得できるように組まれています。

"The farther backwards you can look,
the farther forward you are likely to see."

-Winston Churchill

 ようこそ、地球惑星科学の世界へ。

地球惑星科学系(地球物理学分野)

 地球物理学分野は、理学研究科内の地球物理学教室、地球熱学研究施設、地磁気世界資料解析センターと、防災研究所、生存圏研究所の協力講座の教員によって構成される固体地球物理学、水圏及び気圏物理学、地球惑星電磁気学に関する3つのグループからなる。地球物理学分野では、地球中心核からマントル、地殻を含む固体地球のみならず、海洋・大気圏、さらには惑星間空間までを含む広範な領域を研究対象としている。地上観測データおよび人工衛星データなどの解析的研究や理論的、数値実験的研究、シミュレーションなどの手法を組み合わせて、時々刻々変化する地球圏ダイナミクスの解明とその変動予測を目的とした研究を精力的に進めている。

地球惑星科学系(地質学鉱物学分野)

 地質学鉱物学分野は、地球テクトニクス分科、地球惑星物質科学分科、地球生物圏史分科、宇宙地球化学の4つの分科から構成される。地質学鉱物学分野では地球発達史のコンテクストの中で、地層や岩石、鉱物、化石、隕石といった具体的な対象物を、フィールドワークと室内実験で観察・分析することで過去の情報を読み取り、地球の歴史を解明することに重点をおくことに研究手法上の特色がある。したがってカリキュラムもそれぞれの専門分野の高度な調査・解析手法を系統的に習得できるように組まれている。

地球惑星科学輻合部

 近年の地球惑星科学の進展はめざましい。46億年にわたる地球の歴史と進化のプロセス、地球温暖化と環境変動、地殻変動と災害科学、惑星観測と惑星探査等、ミクロからマクロまで時空の長大なダイナミックレンジにわたって探求すべき現象は多岐にわたり、ますます多様な展開を遂げつつある。地球内外の複雑な諸現象を解明し、新しい研究分野を開拓して創造的に発展させるためには、個々の専門的な技能を修得するだけでなく、幅広い知識と異分野との交流をもつことが大切である。このような観点から、地球惑星科学専攻ではそれぞれの学問分野独自の研究対象と手法を継続・発展させるとともに、分野横断的な学際研究・教育にも力を入れている。当専攻が発足させた「地球惑星科学輻合部」は、その一つの現れである。地球科学科学輻合部では、専門分野の異なる研究者が協力して学際的研究を推進している。

PAGE TOP