京都大学 大学院 理学研究科 地球惑星科学専攻、理学部 地球惑星科学系

MENUMENU

2020年度前期授業案内 (最終更新: 2020年5月3日13時)

新型コロナウイルスCOVID-19の流行により、学部・大学院の授業をオンラインで実施することになりました。 このページでは、2020年度前期における地球惑星科学専攻の授業開講状況や、オンラインで受講する際に役立つ情報をまとめて掲載しています。

系登録済み3回生の1号館利用について【3回生向け】

自宅でのネットワーク環境が十分でない学生のうち、系登録した3回生については教員の指示のもとで1号館563室にてネットワークを利用することができます。 希望する場合は、履修する講義の担当教員に伝えてください。

地球惑星系学部科目オンライン授業開講情報【学部生向け】

学部科目の開講(予定)日一覧です。

科目番号 科目名 開講日
【2000番台】
2405 観測地球物理学 連休後 5月13日(水)
2408 地球物理学概論Ⅰ 4月24日(金)
2501 地質科学概論Ⅰ 4月15日(水)
2503 グローバルテクトニクス 5月12日(火) 4月21日(火)
2507 太陽系と地球の化学 4月16日(木)
【3000番台】
3401 弾性体力学 4月24日(金)
3402 地球流体力学 4月14日(火)
3403 電離気体電磁力学 連休後 5月11日(月)
3412 物理気候学 4月17日(金)
3505 地質調査・分析法Ⅰ 4月17日(金)
3534 地質科学野外巡検ⅠA 連休後
3544 地球惑星史基礎論 4月14日(火)
3545 地球惑星物質科学基礎論 4月15日(水)
3546 地質科学表層プロセス基礎論 4月16日(木)
3547 地質科学内部プロセス基礎論 4月20日(月)
3465 DA:固体地球系 連休後 5月13日(水)
3466 DB:流体地球系 連休後 5月12日(火)
3561 地球惑星科学課題演習E1 4月17日(金)
【4000番台】
4401 測地学 4月17日(金)※4月17日は教材・課題の提示のみ。Zoomによる講義は4月24日から
4403 地震学 4月14日(火)
4405 海洋物理学Ⅱ 4月27日(月)
4407 気象学Ⅱ 4月15日(水)
4409 太陽地球系物理学 4月22日(水)
4415 火山物理学 連休後 5月7日(木)
4416 地球熱学 4月16日(木)
4510 古生物学Ⅱ 4月13日(月)
4512 鉱物学特論 4月16日(木)
4514 変成岩岩石学 4月13日(月)
4531 鉱物学実習 4月23日(木)
4537 地球テクトニクス実習Ⅱ 4月14日(火)
4538 理論テクトニクス 4月13日(月)
4539 堆積学 4月16日(木)
4540 古生物学実験 4月13日(月)
4541 地球テクトニクスⅡ 4月15日(水)
【5000番台】
5400-5402 地球惑星科学課題研究T1-T3 担当者からの連絡に従うこと
5500-5505 地球惑星科学課題研究T11-T16 担当者からの連絡に従うこと

地球惑星科学専攻大学院科目について【大学院生向け】

各科目の講義担当者または大学院教務委員 (地物:久家教授、地鉱:生形教授) からの連絡に従ってください。

オンラインで受講する際の注意点

  • 自宅のネットワークを利用する場合、通信業者との契約内容を十分に確認してください。
  • 一般に携帯のテザリングはモバイルWi-Fiと同程度に有効です。
  • HDMIケーブルと変換アダプタでスマホとテレビをつなげることができれば、テレビの画面で学習が可能になります。
  • Zoomで「コンピュータでオーディオに参加」をクリックしていない場合には音は聞こえません。
  • コンピュータのブラウザが古い場合、Zoomを立ちあげるために、ネットワークの設定の変更が必要となる場合があります。

教員お勧めの書籍(地球物理学分野)【主に3回生向け】

授業開始までの時間を有効活用してもらうため、地球惑星科学系(地球物理学分野) 新3回生ガイダンス(4月9日)において、 各教員が『お勧めの1冊(+α)』を紹介しました。以下に情報をまとめましたのでご覧ください。

(参考情報)この他にも京大ではKULINEを通じて様々な電子ブックを読むことができます。 「電子ブックの探し方」(専攻図書室作成 pdf) をご覧ください。

講座名 教員名 書籍名 リンク
太陽惑星系電磁気学 田口 聡 「宇宙プラズマ物理学」桜井邦朋著 恒星社厚生閣 KULINE
齊藤 昭則 "The earth's ionosphere : plasma physics and electrodynamics", Michael C. Kelley.. -- 2nd ed 電子ブック
原田 裕己 【audiobook】Harry Potterシリーズ, J.K. Rowling
【audiobook】"The Martian", Andy Weirg
【audiobook】"The Search for Exoplanets: What Astronomers Know", Joshua N. Winn
気象学 石岡 圭一 "Atmospheric and oceanic fluid dynamics : fundamentals and large-scale circulation", Geoffrey K. Vallis  -- 2nd ed 電子ブックKULINE
坂崎 貴俊 「一般気象学」小倉義光著 東京大学出版会 KULINE
「統計からみた気象の世界」藤部文昭著 成山堂書店 KULINE
「坂の上の雲」司馬遼太郎著 文春文庫
「野分」夏目漱石著 新潮文庫
物理気候学 向川 均 「確率統計の数理」石井博昭, 塩出省吾, 新森修一共著 裳華房 KULINE
重 尚一 「雨の科学」武田喬男著 講談社 KULINE
"Cloud dynamics", Robert A. Houze, Jr.-- 2nd ed 電子ブックKULINE
「マラソンは毎日走っても完走できない : 「ゆっくり」「速く」「長く」で目指す42.195キロ」 小出義雄著 角川ssコミュニケーションズ Google Book
海洋物理学 秋友 和典 【論文】Henry Stommel: Thermohaline Convection with Two Stable Regimes of Flow, Tellus , Vol.13, 224-230, 1961 電子ジャーナル
吉川 裕 「アラスカ物語」 新田次郎著 新潮社 KULINE
根田 昌典 「ハワイの波は南極から : 海の波の不思議 」永田豊著 丸善 KULINE
測地学 風間 卓仁 「もっと論理的な文章を書く」 木山泰嗣著 実務教育出版 KULINE
活構造学 清水 以知子 "Processes in Structural Geology and Tectonics", Ben van der Pluijm and Stephen Marshak 電子ブック
地震学 久家 慶子 【雑誌】Nature Geoscience 電子ジャーナル
Bogdan ENESCU "Predicting the unpredictable:the tumultuous science of earthquake prediction", Susan Hough 電子ブックKULINE
金子 善宏 "The Elements of Style", William Strunk 電子ブック
日本語訳「 英語文章読本」ウィリアム・ストランク 電子ブック
地球熱学研究施設 柴田 智郎 「銀河の片隅で科学夜話 : 物理学者が語る、すばらしく不思議で美しいこの世界の小さな驚愕」全卓樹著 朝日出版社 Google Book

更新履歴

  • 2020年4月14日17時: このページを公開しました。
  • 2020年4月19日10時: 『グローバルテクトニクス(科目番号:2503)』の開講日を更新。
  • 2020年4月21日12時: 『教員お勧めの書籍(地球物理学分野)』を追加。
  • 2020年4月30日14時: 『観測地球物理学(科目番号:2405)』『電離気体電磁力学(科目番号:3403)』『DA:固体地球系(科目番号:3465)』『DB:流体地球系(科目番号:3466)』の開講日を更新。
  • 2020年5月3日13時: 『火山物理学(科目番号:4415)』の開講日を更新。

PAGE TOP