京都大学 大学院 理学研究科 地球惑星科学専攻、理学部 地球惑星科学系

MENUMENU

修士論文賞

地球惑星科学専攻では、平成22年度より、優秀な修士論文を顕彰することを目的として、当専攻(分野)の教員が修士論文と発表会の内容を総合的に評価し、地球惑星科学専攻修士論文賞を授与しています。 これまでの受賞者と論文表題は以下の通りです。

令和3年度受賞者 NEW!

地球物理学教室

  • 今村 春香:水面波による混合の強度とメカニズムに関する実験的研究
  • 田旗 栄太:古第三紀始新世の地形変化による海洋熱塩循環場変化とその力学機構について
  • 沢口 航:月周辺におけるホイッスラーモード波のスペクトルについて─Rising toneの存在とスペクトル形状の空間分布

地質鉱物学教室

  • 片山 喜登:芦生研究林におけるスギ・サワグルミの年層内同位体比変動による高分解能古気候復元の可能性
  • 池田 勇人:単一試料中に共存する反時計回りと時計回りの温度圧力履歴を示唆する変成組織―東南極セール・ロンダーネ山地ブラットニーパネの例―
  • 山崎 あゆ:完晶質な深成岩形成過程におけるメルト中の主要元素拡散―珪長質岩および中間質岩からなる複合岩脈の鉱物化学組成からの制約―
  • 瀬岡 理子:肉食動物のcoproliteを用いた薄片観察と化学分析によるcoprolite特有の形質の識別

写真:左から今村春香/吉川裕(教授)

写真:左から田旗栄太/吉川裕(教授)

写真:左から原田祐己(助教)/沢口航


写真:片山喜登


写真:左から河上哲生(准教授)/池田勇人/東野文子(助教)


写真:左から河上哲生(准教授)/山崎あゆ/東野文子(助教)


写真:左から瀬岡理子/松岡廣繁(助教)

今村 春香さんのコメント

この度は修士論文賞をいただきありがとうございます。この賞は、指導教員の吉川先生の熱心なご指導の賜物です。私の研究は、研究で使用する数値モデルを先行研究を参考に自分で作成することから始まりました。数値モデルについて初心者の状況から始めたので、特に修士1回生の1年間は上手く行かないことの連続でした。共に根気強く考え議論し、はげましてくださった吉川先生、学生同士で学び合いながら明るく研究に向き合う研究室の雰囲気に支えられ、研究が進まないときにも諦めずに取り組むことができました。自分の手で 苦労して作り上げた数値モデルで数値実験を行い、得られた結果を解析して面白いものが見えてきたときの喜びはひとしおでした。このようにして得られた成果を評価していただき、とても嬉しく思います。吉川先生には研究指導に加え、観測 機器の設置や乗船実習等の機会を与えていただき、海洋という研究対象の広がりや奥深さを実感することができました。また、藤原泰さんをはじめ研究室の先輩方からは、卒業後も研究のサポートや様々な角度からのご意見をいただき、嬉しくありがたく思います。これまでの経験や人とのつながりを大切にこれからも精進します。最後になりましたが、家族をはじめ、近くから遠くから私を支えてくださったすべてのみなさまに感謝します。    

田旗 栄太さんのコメント

この度は名誉ある修士論文賞をいただき、誠にありがとうございます。今回の受賞にあたり、この場をお借りして、2年間の修士研究を支え続けてくださった指導教員の吉川裕教授、研究室のゼミナールでお世話になった秋友和典名誉教授、根田昌典助教、そして常に切磋琢磨し合えた研究室の学生の皆さんにお礼を申し上げます。京大海洋物理学研究室初の古海洋学(しかも古第三紀始新世というマニアック?な)ということもあり、右も左も分からないところからスタートし、自分がどこに進んでいるのかどこに進みたいのかがわからなくなってしまったこともありましたが、それでも吉川先生との幾度のディスカッションのおかげで、一貫した研究方針を作り上げていくことができましたし、海洋物理学に関する知識や地球流体力学的なものの見方などを教えていただけました。私の要領が悪いばかりに吉川先生とのディスカッションや研究室のゼミナールでは多くの時間を割かせていただきましたが、その経験のおかけで研究の進め方や注目ポイントの正確な見定めなど、研究者として必要な力を付けることができました。今後はこの2年間で培われた力を十分に活かして地球環境に貢献していくことで、先生方や研究室の皆さんへの恩返しとしていこうと考えていますので、ますます精進していこうと思います。    

沢口 航さんのコメント

この度は修士論文賞をいただき、大変光栄に思います。研究に関してアドバイスをいただいた学内外の先生方、特に指導教員として何から何まで面倒を見ていただいた原田裕己助教のご助力のおかげです。本当にありがとうございました。月電磁波動の非線形成長というテーマは、未開拓の領域かつ月プラズマ物理と波動生成理論の2つの分野にまたがる研究ということで、誰も全貌を知らない、あるか無いかも分からないものを暗中模索で探すところから始まった研究でした。地道な努力の甲斐あって、実際に「月コーラス」を発見でき、賞をいただける程の成果を得られたことはとても幸運なことです。これからの社会生活においてもきっと「初めての挑戦」が多く待ち受けているでしょうが、この経験を自信に変えて前向きに頑張っていこうと思います。    

片山 喜登さんのコメント

この度は修士論文賞を賜り、大変嬉しく思います。私の修士論文のテーマは、樹木年輪から過去の気候を詳細に復元することでした。近年、世界的に地球温暖化に高い関心が寄せられ、真鍋淑郎先生がノーベル物理学賞を受賞されたことも記憶に新しいですが、気候予測モデルの検証には過去の気候の情報が役立ちます。研究で行う作業は緻密かつ地道なもので中々気が進まないことも多かったですが、真鍋先生の受賞で研究の意義を改めて感じることができ、勝手ながらも励みに感じていました。また、指導教員の渡邊裕美子先生をはじめ、名古屋大学の中塚武先生、研究員の李貞さんなど、学内外の多くの方々のご指導・ご支援のおかげで修士論文を執筆することができました。皆様に心より感謝申し上げます。    

池田 勇人さんのコメント

この度は、修士論文賞を頂戴し大変光栄に思います。研究を進めていく中でたびたびその大局的な意義を見失いながらも修士論文を書き上げられたのは、指導教員である河上哲生准教授の厳しくも思いやりにあふれた温かいご指導のおかげに他ならず、感謝してもしきれません。また研究に行き詰まった際、研究室のメンバーとはコーヒータイムなどに議論を交わし、考えが整理されもう少し頑張ろうという元気をもらえました。振り返ると仲間にも恵まれ非常に充実した2年間でした。修士の生活を通じて、河上先生の熱意を持って研究に取り組む姿勢を間近で見られたことや、研究の楽しさ、粘り強く課題に取り組むことの大切さ、仲間と語らうことの大切さを知れたことは、私にとってかけがえのない財産です。今後困難に突き当たった際も、この財産を糧に鼈のように粘り強く立ち向かっていく所存です。    

山崎 あゆさんのコメント

この度は、修士論文賞を頂き大変嬉しく思います。本賞の受賞は、ご指導くださった河上哲生准教授をはじめ、東野文子助教や、ゼミや学会で意見をくださった方々のおかげです。厚く御礼申し上げます。私は天然の深成岩に記録された、メルト中での元素拡散について研究してきました。この研究を通して、天然試料が示す複雑な情報を読み解く難しさと、天然だからこそ想定外の発見をする面白さを味わうことができました。研究の着地点が見えず悩んだこともありましたが、岩石学講座の学生が真剣に研究に取り組み、学年関係なく議論を交わす姿に励まされておりました。また、地鉱教室の皆様の優しいお心遣いにも支えられました。このような素晴らしい環境で研究に取り組めたことを、心より感謝いたします。    

瀬岡 理子さんのコメント

この度は修士論文賞を頂戴しましてありがとうございます.私は学部生の時に現在の指導教員である松岡廣繁先生の研究発表に感銘を受け,別分野から古生物学の世界に飛び込む選択をしました.基礎中の基礎からの勉強となり,常に手探りの状態で研究を進めてまいりました.悩みながらも修士研究を遂行できましたのは,先生方や先輩方のご指導とお心遣いあってのことです.特に松岡先生からは,専門的なことはもちろん,研究活動の何にも代え難い楽しさを学ばせていただきました.最大限に楽しみつつ行った本研究がこの度の受賞として評価していただいたことを大変嬉しく思います.まだまだ未熟者ではありますが,博士課程ではより自身の研究を楽しみながら,古生物学の魅力を社会に発信できる大学院生を目指す所存です.    

過去の受賞者

過去の受賞者の情報は こちら をクリックすると閲覧できます。

PAGE TOP